FamilyMart

05 31, 2011 | om-1

0
038 家族

アーチ奥より、にこ、たろ、なおさん。

スポンサーサイト



夏待ち遠し

05 29, 2011 | lc-a

0
037 夏待ち遠し

この前の暑さは何処へやら。

道具

05 27, 2011 | lc-a

0
036 道具

鉛筆が変わっただけで、紙が変わっただけで

字が変わる。

他人から見たら大差ない変化かもしれないけれど

書いている本人にとってみたら一大事。

・・でも決めた。

Macに変えるのだ。

線の街

05 25, 2011 | 建築

0
035 街

大学生になって、建物の図面の存在を知ったとき

ふと見下ろした街の風景が、紙と鉛筆になって迫ってきた。

すべての建物に図面があり、その細部にまで人の手が加わってきたのだと

恐ろしくなった。

昨日の建築士の定期講習を受け、なぜかそんなことを思い出した。のだ。

明日も講習。

忘れない横顔

05 23, 2011 | lc-a

0
034 忘れない横顔

中学校の美術の教科書に載っていて、僕の心に貼付いたこの横顔は

パリのピカソの美術館の壁の穴から真っ直ぐ見えた、その先の壁に貼付いていた。

バックパック一人旅の寂しさと、何度も模写した当時の思い出が入り混じり、

不思議に感動した。のだ。

今日は雨。

happy birthDay

05 21, 2011 | lc-a instant back+

0
033 happy birthDay

昨日は、なおさんの誕生日。

いつもありがとう。

33歳おめでとう、なのだ。

静岡

05 19, 2011 | other

0
032 静岡

静岡には、心地よい場所がたくさんあるから、僕らは帰ってきたのだ。

そして少しでも多く、個人でも、そんな場所を増やしていけたらと思う。

imagination

05 17, 2011 | om-1

0
031 imagination

2000年前の祭殿がこのかたちであったということ

が、地面を掘るだけ(だけではないだろうが)でわかるものなのか

と、考えていたら

「なぜフィルムで写真を撮るのですか?」

と、質問されて、彼女はこう答えていた。

「現像されてできあがってきた写真が、自分の想像を超えていたり、

そうでなかったりすることが、楽しいんです。」

なるほど!

と、思った。

祭殿も、そのかたちが正確であるどうか、は問題ではなく

想像することが大事だ、ということなのだ。

約束

05 15, 2011 | lc-a

0
030 約束

大勢の犠牲になった人たちのうえに、僕らは立っている。

だから今できることをしなければ。

6/11、浜岡に行くのだ。 → 青葉公園に変更なのだ。

月のある屋上

05 13, 2011 | lc-a

0
029 月のある屋上

月があるから屋上に上がったのか、屋上に上がったら月があったのか・・

それは覚えていない。

ただ、月のある屋上で写真を撮ったことだけは確かなのだ。

Next Page »

RSS
プロフィール

daiwasaki

Author:daiwasaki
フィルムカメラ、
インスタグラム、
建築、などなど。
1枚の写真と、少しの文章。

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク